専用部署が不要!

リースなら社内に保守部署を持たなくてよい

会社においてはパソコンを使用しますが、従業員が多いところだとその分パソコンも多くなります。沢山パソコンがあれば、そのうちのどれかが不調になったり、故障やトラブルなどが起きます。パソコンそのものに問題がなくても、利用者の知識不足で動かなくなるなどがあるでしょう。通常ならパソコンの保守のための専門部署を作っておき、その部署からトラブルが起きているところに来てもらって対応をします。それなりにコストもかかります。リースで法人向けパソコンを利用するとき、保守サービスなどに加入できれば社内でトラブル対応をしなくて済みます。最近は遠隔操作でトラブル対応をしてくれるところもあります。専用の部署や担当者分のコストを削減できます。

OSやソフトの管理が不要になる

パソコンには、基本ソフトと呼ばれるOSがインストールされています。OSにはバージョンがあり、新しいものを使うのが原則とされています。古くなると、OSメーカーが不具合の対応をしてくれなくなるので、使い続けるのは良くありません。他のビジネスソフトなどもバージョン管理は非常に重要で、パソコンを多く保有する会社では専用の部署を用意して管理しているところもあります。法人用のパソコンの中には、OSやソフトの管理をサービスとして行ってくれるところがあります。バージョンが異なるとファイルの送受信などで不具合が発生する可能性がありますが、それを防げるようになります。どの部署のパソコンにどんなOSが入っているかの管理も行ってもらえます。